top of page

インターバルトレーニング

フィジカルクラス(川崎)

今日のテーマは【回復力】でした。

心拍数が上がった後、できるだけ早く心拍数を落せるようにするトレーニングです。

サッカーは1試合で10㎞程度走ります。

多く走る選手で12〜13km走ります。

ジュニアの場合は15分ハーフで多く走る選手で3.5㎞程度です。

ずっと一定のスピードで走ることはなく

ダッシュしたり、ジャンプしたら、ドリブルしたりと

スピードや強度を常に変えながら走るのが特徴です。


だからマラソン選手のように

一定の速度で走るような体力の付け方ではなく

サッカーは一気に心拍を上げた後

すぐに正常に戻せる回復力が求められます。

回復力を付けるには

心拍数を上下させること(インターバルトレーニング)が大事です。


今日のトレーニングでは

ダッシュとジョグを繰り返し行いました。

かなり厳しいトレーニングでしたが

このクラスの選手達はみんな頑張れる選手達なので

とても充実感のある内容となりました!

ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page