top of page

インターバルトレーニング

フィジカルクラス(川崎)

今日のテーマは【回復力】でした。

心拍数が上がった後、できるだけ早く心拍数を落せるようにするトレーニングです。

サッカーは1試合で10㎞程度走ります。

多く走る選手で12〜13km走ります。

ジュニアの場合は15分ハーフで多く走る選手で3.5㎞程度です。

ずっと一定のスピードで走ることはなく

ダッシュしたり、ジャンプしたら、ドリブルしたりと

スピードや強度を常に変えながら走るのが特徴です。


だからマラソン選手のように

一定の速度で走るような体力の付け方ではなく

サッカーは一気に心拍を上げた後

すぐに正常に戻せる回復力が求められます。

回復力を付けるには

心拍数を上下させること(インターバルトレーニング)が大事です。


今日のトレーニングでは

ダッシュとジョグを繰り返し行いました。

かなり厳しいトレーニングでしたが

このクラスの選手達はみんな頑張れる選手達なので

とても充実感のある内容となりました!




ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

自分に負けてしまうこともある

フィジカルトレーニングを行いました。 低学年はいつもよりペースを上げて走りました。 足が速い、遅い 体力がある、ない 現時点での差は気にしなくて良くて 自分の中で限界まで走ったのかが大事。 殆どの選手が追い込むことはできていないけど 頑張れている選手も中にはいる そんな選手は今は体力がなくても 必ず体力はついてくる。 ただ、今日頑張れなかったから じゃあ自分はダメなのかというと そうではなくて ど

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page