top of page

アタッキングサードで優位に立つ

新木場校(エリートクラス&フィジカルクラス)



今日のテーマはフィジカルが【タックル】

エリートクラスは【ビルドアップからの1対1】でした。



フィジカルクラスでは、フィジカルコンタクトをメインにトレーニングをしました。

「相手に思いっきり自分の身体をぶつけるとどうなるか?」

今日はそれを感じてもらう為にとれーにんぐ組みました。



イタリア人はジュニア年代の選手でも

タックルやスライディング、マークのつき方など

フィジカルコンタクトを伴うプレーが日本人と比較して段違いに上手いです。



ただ単純にプレーが激しいだけではなく

ちゃんとフィジカルを使ってボールを奪うテクニックを持っています。

日本はどちらかというとオフェンス側にシフトが向きがちですが

ジュニア年代からディフェンスを知ることは非常に大事なことです。



今日はタックルを行いましたが

みんな非常に楽しそうにプレーしていましたね。

『身体をぶつける=痛い、怖い』という印象が強くありますが

サッカーはフィジカルコンタクトを避けられないスポーツで

それを制した時の快感はとても良いものです。



エリートクラスではビルドアップからの対人を行いました。

ビルドアップの正確さ、速さによって

勝負の局面に移った時に優位性を持てるかどうかが変わってきます。



ショートパスを早く繋ぎ

アタッキングサードに素早く運ぶことで優位に立てるシュチュエーションを作りました。

基礎が以前よりだいぶ良くなってきているので

良い状況を作れる場面が多くありましたね!




本日のMVPは、、、拓奨!!👏✨

フィジカルトレーニングでは6年生相手でも全く負けないくらい

強いフィジカルを持ってきています👀

それにともなって、ディフェンス力も上がってきました😄👍








ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page