top of page

ぶつかることへの理解と恐怖



フィジカルクラス(横浜)


本日は【タックル】をテーマにトレーニングを行いました。

イタリアと日本のジュニア年代のサッカーを比較して

最も違いを感じることの1つに

フィジカル的な強さの違いがあります。


その中でもフィジカルコンタクトについては

見るだけでも全く違いますが

実際にやってみると、その強さにショックを受けると思います。


単純に身体が強いだけでなく

身体の当て方が非常に上手くて

相手のバランスを崩してボールを奪取することができます。


要因として、子供の頃から相手に身体をぶつけることに抵抗がないことが挙げられます。

どれくらいでぶつかったらどうなるのか?

それを理解しているのでぶつかることに恐怖がありません。


今日のトレーニングでは、相手に思いっきりタックルするとどうなるか

もちろんノーファールで。

コーチ相手に思いっきりぶつかってみて

ぶつかることへの理解を深め

恐怖をなくすことが目的でした!


心肺的にも厳しさはありましたが

タックルを楽しめている要素が伝わってきてよかったです。

また、今日は見学ができる日で

保護者の皆様に普段からの頑張りが見せることができて嬉しく思います。

お越し頂きましてありがとうございました🙇‍♂️


今日のMVPは、、、尚志!!👏

タックルも強く、クロスフィットでは最高タイムを更新しました👀









ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page