top of page

ぶつかることへの理解と恐怖



フィジカルクラス(横浜)


本日は【タックル】をテーマにトレーニングを行いました。

イタリアと日本のジュニア年代のサッカーを比較して

最も違いを感じることの1つに

フィジカル的な強さの違いがあります。


その中でもフィジカルコンタクトについては

見るだけでも全く違いますが

実際にやってみると、その強さにショックを受けると思います。


単純に身体が強いだけでなく

身体の当て方が非常に上手くて

相手のバランスを崩してボールを奪取することができます。


要因として、子供の頃から相手に身体をぶつけることに抵抗がないことが挙げられます。

どれくらいでぶつかったらどうなるのか?

それを理解しているのでぶつかることに恐怖がありません。


今日のトレーニングでは、相手に思いっきりタックルするとどうなるか

もちろんノーファールで。

コーチ相手に思いっきりぶつかってみて

ぶつかることへの理解を深め

恐怖をなくすことが目的でした!


心肺的にも厳しさはありましたが

タックルを楽しめている要素が伝わってきてよかったです。

また、今日は見学ができる日で

保護者の皆様に普段からの頑張りが見せることができて嬉しく思います。

お越し頂きましてありがとうございました🙇‍♂️


今日のMVPは、、、尚志!!👏

タックルも強く、クロスフィットでは最高タイムを更新しました👀









ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page