top of page

なぜ最後はいつもイタリアなのか?



 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷3vs2(2vs1)→❸2vs2→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・コースの切り方

 


ディフェンスにフォーカスして

コースを切りながら寄せるトレーニングを行いました。

相手のプレーを限定するには

複数の選手がコミュニケーションを取って

共通の意識を持ってプレッシャーをかけなければいけません。



ディフェンスをやり始めてまだ1ヶ月も経っていませんが

徐々に理解してきているように感じます。



ただ、理解するのと、できるのはまた違うので

これを実際にできるようになるところまで

教え込んでいきたいと思っています。



イタリアがなぜ強いのか?

今年のユーロも優勝、ワールドカップはブラジルに続いて2位の優勝回数。

突出した選手はいないのですが

毎回勝つのはスペインでもフランスでもなく

イタリアなのは、イタリア人には勝たなくても

負けなければいいというメンタリティーがあります。



その為、どこのチームもかなり組織的にディフェンスを教え込みます。

よくカテナチオと表現されますが

実際にイタリアのように組織的にディフェンスをしようとしたら

かなり頭を使って守る必要があり

それができれば、例えメッシやクリロナが相手でも

簡単にやられることはありません。



全てはディフェンスありきで

美しさはないかもしれませんが

その勝負に対する執着は

学ぶべきものが沢山あると思います。



日本ではあまり組織的なディフェンスをやりませんが

やっておいた方が絶対に選手達にとっていいので

時間がかかっても根気よくやっていきます。



本日もご参加頂きましてありがとうございました!










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page