top of page

どんなシュートを蹴りたいか

フィジカルクラス(新木場)



今日のテーマは【シュートスキル】でした。

心拍数を上げてのシュートにフォーカスして、トレーニングを行いました。


フラットな状態では綺麗にキックできても

試合の中で常に心拍数が上がっているので

トレーニングでも心拍数を上げた状態で行うことが大事です。

疲労があると精度を保つのが難しいのです。


陸は疲れている時と、そうでない時の

キック精度に差があり

疲れがあるとディテールに拘れなくなってしまうので

疲れている状態でも最後まで集中してキーパーを良く見て

コースを外さないことを意識しましょう。

心一は体力があるので

ある程度疲れた状態でも精度は落ちにくですが

ベースのシュートスキルをもう少し上げる必要があります。

スキルのベースが上がれば

かなり決定力を上げられると思います。



今日1日で1人50本近くシュートを打ちました。

その1本1本を意識して、「どんなシュートを蹴りたいか」を狙いを持って打つことが大事です。


シュート練習は楽しいので、ついリラックスしてしまいがちですが

全くその逆で、シュートこそ最大限の集中力が必要です。



2人とも楽しんみながらも、良い集中力を保てましたね😄👍

また来週もスクールで会えるのを楽しみにしてます!







ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

自分に負けてしまうこともある

フィジカルトレーニングを行いました。 低学年はいつもよりペースを上げて走りました。 足が速い、遅い 体力がある、ない 現時点での差は気にしなくて良くて 自分の中で限界まで走ったのかが大事。 殆どの選手が追い込むことはできていないけど 頑張れている選手も中にはいる そんな選手は今は体力がなくても 必ず体力はついてくる。 ただ、今日頑張れなかったから じゃあ自分はダメなのかというと そうではなくて ど

Kommentare


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page