top of page

どれだけ時間をかけることができるか


 

【menu】

❶基礎のベースアップ→❷1vs1❸ゲーム

 

【keyfactor】

・クローズドスキルのオープン化

 

昨日の試合では技術面で課題が出たので

ボールを運ぶ技術のトレーニングを中心に行いました。

普段、使うことのない神経を刺激することで

動きを滑らかにする狙いがあります。



この種類のトレーニングは『どれだけ時間をかけられたか』ではっきりと差が出ます。

トレーニング方法にクオリティーはほぼ関係ないので

どれだけ繰り返し同じ動きをして、自分のものにできるまで努力することができるかの問題です。

蒼がこのチームで1番テクニックがあります。

蒼のコーンドリブルの技術を見れば、本当に驚く程成長しているのがわかります。

それを試合でフィットできるかは別問題ですが

ラ・テクニカやアカデミー以外でも、しっかりトレーニングしているのがプレーから伝わってきます。

生や諒祐は動きがパワルフで、前への強さがあります。

特に彼らのようなタイプの選手は技術をつけると

それがキッカケで大きくステップアップする可能性があります。

逆に風佳や雅斗は横に上手いので、縦へ意識(突破力)をつけると

相手にとって守りにくい選手になります。

駆け引きができるくらいまで技術をつけていきましょう!

技術が先行してしまうことは気をつけないといけませんが

技術はあるに越したことがないので

全体練習で完結せずに、自分でトレーニングする時間を作って

動きを覚えていくことの楽しさを感じてほしいと思っています。

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page