top of page

できるまでやり続けるという姿勢



対人強化クラスを行いました。


このクラスはサッカーにおける個の力を再定義

「原点であり、最も新しい」をテーマに

以前行っていラ・テクニカをリニューアルしました。



トレーニングは基本的には全てボールを使って行います。

ボールフィーリングを最大限に高め

それらを実践の中でフィットできるように構築していきます。


主にドリブルを中心にトレーニングを行いますが

パスやシュート、フィジカル的な要素よりも

足元の技術をつけるのは難しいことではありません。



反復トレーニングで繰り返し行えば

運動神経(センス)に関係なく

誰でも技術はつけることができます。



「身に付くまでやれば必ず成功する」

足元の技術に関しては

そこに向かって達成するまでただ走り続けるだけです。



ただ、殆どの選手が途中で諦めてしまいます。

選手によってその「分量」は様々で

これだけやったらできるようになるという分量は存在しません。

できるまでやり続けるという姿勢が大切になってきます。



初回のトレーニングではみんなすごく集中して頑張ってくれました。

量の確保が重要なこの分野のトレーニングにおいては

ただトレーニングを提供するだけでなく

選手達が「自らトレーニングするようになる」ということが

このクラスの最も重要なミッションかもしれません。


今日のMVPは、、、海凪!!👏✨


海凪:7

ボールの持ち方が良く

腰が落ちて背筋が伸ばせているので

バランスが崩れにく

ボール感覚もすごく良くなってきました。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page