top of page

その逆を覚える

川崎校(エッチェレンツァ)



今日のテーマは【裏に抜ける】でした。

相手の裏でボールを受けるトレーニングです。


ボールを受ける時の優先順位として

まず最も優先するのは相手の背後です。

裏でボールを受けることができれば

パスを受けた時点で

マッチアップしている相手選手を剥がすことができます。



裏の動きを見せることで

足元でもボールを受けることができるので

常に相手と駆け引きしながら

足元なのか、裏なのかを判断することが大事です。


今日のトレーニングでは

サーバーの選手と、足元でボールを3回繋ぐか

足元で受けてドリブルで前に運ぶか

裏でボールを受けて突破するとポイントを取れるルールで

駆け引きのある状態で裏のスペースを狙うトレーニングを行いました。


シンプルな設定ではありますが

すごく実践的で駆け引きを間違うと力勝負になってしまいます。

逆に、駆け引きの段階で有利に立てると

力の差があっても勝つことができます。



それぞれ選手によって癖や得意なパターンがありますが

それを活かす為に、逆の動きもある程度覚えると効果的です。


例えば、足元が得意な選手は

裏で受ける動きを見せることで

相手は裏を警戒し、足元でフリーで受けることができます。

自分の得意なパターンに持っていきたかったら

その逆の動きを覚えることがとても重要です。


今日のMVPは、、、綾太!!👏✨

相手との駆け引きが上手くできていました👀

シュートも正確に打てていました😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page