top of page

その逆を覚える

川崎校(エッチェレンツァ)



今日のテーマは【裏に抜ける】でした。

相手の裏でボールを受けるトレーニングです。


ボールを受ける時の優先順位として

まず最も優先するのは相手の背後です。

裏でボールを受けることができれば

パスを受けた時点で

マッチアップしている相手選手を剥がすことができます。



裏の動きを見せることで

足元でもボールを受けることができるので

常に相手と駆け引きしながら

足元なのか、裏なのかを判断することが大事です。


今日のトレーニングでは

サーバーの選手と、足元でボールを3回繋ぐか

足元で受けてドリブルで前に運ぶか

裏でボールを受けて突破するとポイントを取れるルールで

駆け引きのある状態で裏のスペースを狙うトレーニングを行いました。


シンプルな設定ではありますが

すごく実践的で駆け引きを間違うと力勝負になってしまいます。

逆に、駆け引きの段階で有利に立てると

力の差があっても勝つことができます。



それぞれ選手によって癖や得意なパターンがありますが

それを活かす為に、逆の動きもある程度覚えると効果的です。


例えば、足元が得意な選手は

裏で受ける動きを見せることで

相手は裏を警戒し、足元でフリーで受けることができます。

自分の得意なパターンに持っていきたかったら

その逆の動きを覚えることがとても重要です。


今日のMVPは、、、綾太!!👏✨

相手との駆け引きが上手くできていました👀

シュートも正確に打てていました😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page