top of page

あらゆる場面に対応する方法


 

【menu】

❶w-up→❷パス&コントロール→❸ポゼッション→❹シュート練習→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・視野の確保

・止める位置とポジショニング

 

バックステップから

視野を確保してコントロールするトレーニングを行いました。


理想はスペースで受けることですが

状況によっては受けられないこともあるので

その場合はトラップの位置を変えられるようにする。

サッカーは状況変化が連続するスポーツで

その都度判断が求められます。

予めプレーを決めずに

状況に応じてプレーを変えられると

ロストの数を減らすことができます。


まずは止める技術をつけることが大事ですが

同時にプレーの優先順位と

あらゆる場面に対応する方法を知っておきましょう。

今日は綾太と風佳のトラップの精度が印象に残りました。

2人とも綺麗に止めることができています。


トレーニングの前に拓奨

トレーニング後は綾太に

チームに向けて話をしてもらいましたが

2人ともしっかりと話せていましたね。

思いつきで話してもらいましたが

選手達が話す機会を作るのはいいかもしれません。

今後も続けていこうと思います。

明日はリーグ戦なので

しっかりと休んで明日に備えましょう。

天気の悪い中ご参加ありがとうございました。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page