「練習しろ!」とは言ってはいけない


【menu】

❶w-up→❷ボールフィーリング→❸2vs2+4→❹ゲーム

【keyfactor】

・リズム感

・自主トレメニュー


今日は技術的なことに特化して

様々なリズムのボールタッチを何度も繰り返し行いました。

いつもは設定が多かったり

戦術的なトレーニングがあったりするので

常に判断が求められていますが

今日はボーツタッチにだけフォーカスしたトレーニングでした。



新しいタッチを覚えてみんな楽しそうでしたね。

ペルージャでは自分で行えるような技術的なトレーニングは普段やりませんが

みんなに自主トレでやってほしいトレーニングを紹介しました。



技術をつけることは時間はかかりますが難しくないので

どれだけ選手達がやる気になってくれるかがポイントだと思っています。

ただ「練習しろ!」では嫌々やることになり

それでは継続できないので

選手達自ら練習したいと思えるようにもっていくのがコーチの役割だと思っています。



そういった意味ではまだまだそこまで選手達の気持ちを動かせていないので

もっとサッカーを好きになってもらうこと

やればできると思ってもらえるように

成功体験、スキルアップしているという実感を持たせれるようにトレーニングしていきたいと思います。













ペルージャジャパン

河井コーチ

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon