top of page

「ボールを取られないこと」が目的ではない



 

【menu】

❶3vs1→❷4vs1(エリア侵入)→❸6vs4→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・中で受けるタイミング

 


「いつ中にボールを通すか」

これをテーマにトレーニングを行いました。



アカデミーではポゼッショントレーニングを多く行いますが

ポゼッションの目的は「ボールを取られないこと」ではありません。

あくまでもゴールを奪うことが目的であって

その為に主導権を握りながらゲームを進める上で必要な戦術です。



ポゼッションを行う時に重要なのは

「いつ中に入れるか」です。

外は比較的スペースがあり、ボールを通しやすいですが

中はスペースがなく、相手選手が密集しているゾーンです。

ここにどのタイミングで入れるかが最も重要なポイントで

これが上手くいくとチャンスを作れるし

失敗するとピンチを招きます。



無闇に中に入れるのではなく

相手を引っ張り出してから中を使うことが大事です。

今日のトレーニングでは、ポゼッションしながら

常に中を意識させるオーガナイズを取りました。



相手とスペースを意識しながら

尚且つロストせずにボールを動かす。

プロでも難しいことなので、小学3年生にはできなくて当たり前です。

今、大切なことは理解して、正しいサッカーを知ることです。



「何が良いプレーで、何が良くないのか」

それを教えるのがコーチの大きな役割でもあります。

最近、選手達から「そんなんで点取っても意味ないよ」とか

「しっかりと崩そうぜ」のような声が聞かれるようになりました。

なかなか3年生でこういった声が聞けることはなく

凄い成長だと思います。

簡単な方法があることを知りながら

正しいこと(難しいこと)にしっかりとチャレンジできています。

週末は試合が入ったので、そこでもしっかりチャレンジしていきましょう!








ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page